大手企業の製造工場をはじめとする多くの企業で、外国人の雇用比率が急激に増えています。 それはなぜか? 彼らの勤勉さや上昇志向などがポイントに挙げられますが、それだけではありません。 高齢化社会に突入する日本の特徴に理由があるのです。

外国人を雇用する企業が急増中

2010年、日本の人口は約1億2800万人でした。しかし、 2030年には1億1600万人に減少すると言われています。

人口の減少に対して、日本の高齢化は歯止めがきかない状況に陥っているのです。 (じつに人口の1/3近くが65歳以上になると予想されています)。そのため、 労働人口が今より減少するのは間違いがなく、将来が不安視されています。

そこで注目されているのが外国人労働者です。外国人労働者は、 2015年に90万人に達し、今後も増え続けると予想されています。 日本政府は、外国人の雇用管理に力を注ぎ、雇用確保に尽力している最中です。 外国人労働者にとっても良い環境が整ってきているからこそ、 職を求めて来日する外国人が増えていると言っても過言ではありません。

日本は労働者が減少し、反比例するように在留外国人が増え続けている……。 将来を見据えて成長しなければならない企業が、彼らに目をつけないわけがありません。 働き手が欲しい企業と、働きたい外国人。 ウインウインの関係が成立しているからこそ、外国人雇用の増加に繋がっているのです。

【出展】
■組織行動研究所『国内人口推移が、2030年の「働く」にどのような影響を及ぼすか | 2030年の「働く」を考える
■三井住友アセットマネジメント株式会社『投資信託・投資顧問の三井住友DSアセットマネジメント日本経済】増え始めた外国人労働者PDFより』

外国人を採用するにはデメリットも……

外国人を採用するために数多くの企業が積極的に動き出しています。 現在は大手企業が先陣を切って外国人の採用に取り組んでいますが、近い将来、 中小企業も必ず外国人採用の可能性に注目することになるでしょう。

しかし、外国人を雇用することで発生するデメリットがあるのも事実。外国人を雇用するための準備や運用が複雑で、雇用主となる企業に大きな負担がかかります。

ひとくちに外国人を雇用するといっても、日本人とは労働条件が異なるので注意しなければなりません。 例えば、雇用主が外国人のAさんを採用したとします。 Aさんは口頭で“日本で働くための在留資格”を持っていると報告しますが、 雇用主側はしっかりと在留カードを確認しませんでした。 しかし、3ヶ月後、Aさんが“日本で働くための在留資格”を持っていなかったことが発覚。 Aさんはもちろん、雇用主も罰則の対象になった……。このようなケースが少なからずあるのです。

では、外国人を採用するための知識を持たない企業は、 リスクを回避するため雇用を諦めた方が良いのでしょうか? そんなことはありません。下記で紹介しましょう。

外国人採用のメリットももちろんあります!

外国人採用のメリットは、少子高齢化をはじめとした諸問題による人材不足を解消できることです。スキルがない人材では、実質の問題解消には繋がりません。その点、外国人には成果を出すことに積極的で、バイタリティー溢れる人物が多いため、人材不足の解消に繋がりやすいでしょう。

また、外国人ならではの発想で課題解決や業務の質改善なども期待できます。そのほか、外国の文化を知っていることで、海外進出の際の強力な戦力になるでしょう。外国人採用にはデメリットもありますが、このようにメリットの方が大きいことが特徴です。

労働者(外国人採用者)側のメリットもある

労働者側のメリットは、健康保険や雇用保険などの制度が充実していることです。年1回の健康診断によって結果的に医療費を削減できたり、会社によっては交通費が支給されたりと、さまざまなメリットがあります。

そのほか、世界トップレベルとされる日本の顧客対応を学べることもメリットです。次のステップへ進むための足がかりになるでしょう。そのほか、日本では不当解雇が行われることが稀なため、安定的に働けることもメリットです。

労働者(外国人採用者)側のデメリットも…

労働者側のデメリットは、年功序列でスキルが給与に反映されない会社があることです。これは、会社を選ぶ段階で精査すれば解決できるでしょう。また、スキルに対して給与が低いと感じた場合は、採用面接の段階で交渉するのも1つの方法です。

ただし、日本企業は採用側の立場の方が強い傾向があり、条件交渉に対してマイナスイメージを持たれる場合もあります。

外国人を採用する企業の今後の課題3つ

外国人を採用するときの課題は、次の3つです。

コミュニケーションの問題

基本的な日本語ができていても、微妙なニュアンスの違いによって認識に相違が生まれ、トラブルになる恐れがあります。難しい日本語は意味を理解しているか確認するなど、ルール作りが必要です。日本人は、細かなところまで確認せず、予想で行動するケースが少なくありません。

意味をわかっているだろうと自己判断して業務を進めると、大きなトラブルになる恐れがあります。

文化と風習の違いによる問題

国が違えば、文化や風習、宗教まで違います。文化や風習、宗教を理解したうえで、適切な対応をとりましょう。例えば、社員食堂がある場合は、宗教上の理由で特定のものを食べられないことに配慮して、別メニューを用意することも大切です。

文化や風習への理解を得られないと感じた場合、早々に退職される可能性もあります。

雇用のための手続きが複雑

外国人採用と日本人の採用では、必要な手続きが異なります。それぞれの手続き方法をしっかり分けて、適切に行えることが必要です。最初は、必要書類の入手方法や採用後の手続きなどで手間取る可能性があります。

それ以上に外国人採用のメリットは大きいため、課題解決に向けて積極的に取り組むことをおすすめします。

外国人の雇用はプロに任せるのが一番の近道

「外国人の採用実績がない」「届出や手続きをどうすれば良いのか分からない」といった、 さまざまな理由で外国人の採用に、二の足を踏む雇用主は少なくはないでしょう。

そこで利用してほしいのが、外国人の採用から就業するまでの手続きを一括で アウトソーシングできる人材サービスです。なかでも、(株)ウィルオブ・ファクトリーは、 母国語に加えて日本語も堪能な人材を確保しており、優秀なバイリンガル人材を紹介しています。

将来的に外国人人材を増やしていく計画があるなら、 このバイリンガル人材は必要不可欠な存在となっていくでしょう。 時には雇用主と現場をつなぐ通訳として、時には外国人労働者の指導を担う リーダーとして、大活躍することが予想されます。

こうしたサービスを利用することで、面倒な手続きを踏まずに、 短期間の内にニーズに合った人材に出会うことが叶います。

外国人に特化した人材会社はそれぞれ特徴や強みも異なりますので、自社に合った人材会社を選ぶようにしましょう。
こちらの記事では安心して利用できる人材会社をまとめています。ぜひご活用ください。

まとめ:信頼できる人材会社にアウトソーシングしよう

外国人の採用・雇用は、アウトソーシングするのがお勧めです。 とはいえ、依頼する人材会社をしっかり選定することも大切なミッションとなるでしょう。

すべてを任せて安心していたが、人材会社が行った在留資格の確認が不十分で 不法就労の罰則の対象になってしまった。しかもアウトソーシングしていた人材会社は雲隠れ……。

こんなことが起こらないように、信頼できる人材会社に頼むことが重要です。 実績は豊富か、サービス内容は充実しているのかなどを確認するためにも、 まずは相談するところから初めてみてはいかがでしょうか?

 
Page Top