派遣で外国人を採用するメリット

アルバイトにせよ正社員にせよ、企業が直接人材を採用する場合、求人広告費などのコストや入社してからの教育、社会保険の手続きなど、雇用主側の負担は計り知れません。さらにそれが外国人となれば、日本人と同じ手続きに加えて、ビザの切り替えなどの問題も出てくるでしょう。

人材派遣会社に依頼してしまえば、雇用主が求めるスキルに見合った外国人をピックアップして紹介してくれるので、必要以上に教育する必要がありません。もちろん入社に関する手続きやビザの切り替えなども依頼した派遣会社が処理をサポートしてくれます。

また、外国人のスタッフが急に辞めてしまうことがあっても、派遣会社の担当者が代わりの人材を探し、すぐに次の候補者を紹介してくれるので管理に関しても非常に楽と言えるでしょう。

自社での外国人募集はリスクが高い

日本人でさえ採用が難しい時代です。「人材不足を外国人で解消しよう」と踏み切っても、最初から上手くいく保証はありません。自社の求人募集で努力されている企業も少なくありませんが、ほしい人数が集まらず、いつのまにか莫大な広告費を支払っていたというケースが多いようです。

また求人広告を見て応募してくる求職者のスキルレベルは様々です。外国人であれば日本語レベルに関しても、注意深くチェックしなければなりませんから、まったくマッチングしていない人材の面接を行うことは少なくないでしょう。採用担当者の人件費を考えても、早い段階で他の採用手段に目を向けることにデメリットはないはずです。

その一方で派遣会社は人材を集めるプロです。様々な業界の企業からの依頼に応えるため、あらゆる媒体を駆使して多様な人材を確保しています。なかでも外国人に特化した派遣会社であれば、豊富な成功事例をもとにサポートしてくれるので、外国人を募集することに慣れていない企業も安心して依頼できるでしょう。

はじめて外国人を雇用するなら派遣が最適

例えば製造業界や、ホテルなどの観光業界は年末に向けて繁忙期に入っていきます。そうした忙しい時期にだけ大量に人材を確保できるのも派遣会社に依頼するメリットです。

そうしたメリットは、外国人をはじめて採用する雇用主にとっても最適でしょう。はじめにご紹介したように、人をひとり雇用するということは、企業にとって大きな負担となります。また雇用してしてから「失敗した…」と思っても、そう簡単に解雇できるものでもありません。特に外国人を雇用する場合、日本人以上にトラブルになりやすいので慎重になる必要があります。

将来の人員計画のためにも外国人の雇用を進めたいという企業は、まずは派遣会社に依頼して、外国人と一緒に働く感覚をつかんでみてはいかがでしょうか。必要なときに必要なだけ人材を確保できる派遣会社に依頼するからこそ、色んなタイプの外国人と出会うチャンスがありますし、優良な派遣会社であれば、依頼の際に、直接雇用についてもアドバイスをくれるでしょう。

まとめ:相談するだけでもメリットがある

もちろん派遣会社に依頼する以外にも外国人を雇用する方法はたくさんあります。しかし、外国人を雇用する際には、募集から採用までのフロー以外にも、ビザの手続きなど難しく面倒な手続きが多いのです。一方で派遣会社に依頼すれば、そうした手続きのほとんどをサポートしてくれます。

また派遣会社のサービスは、派遣スタッフを募れるだけではありません。派遣会社によっては、外国人をはじめから正社員として迎えられる紹介サービスも行っています。まだ依頼するところまで考えていなくても、まずはどの雇用形態で何名の外国人を雇用すれば、どのように生産性があがるのかなど、説明を受けてみることをお勧めします。

Page Top