見出し1

本文1

失敗しない人材会社の選び方

優秀な人材が多く登録している外国人紹介会社。確かにこうしたプロに任せれば、面倒な手続きは減ります。しかし、今や日本には、多くの外国人が働いており、それに伴って人材紹介会社も多く誕生しています。インターネットで探せば何社も出てきて「正直、どこを選んで良いのか分からない」という人もいるでしょう。

今回は、外国人を採用しようと考える企業に向けて、『外国人紹介会社の見極め方』を 3つのポイントに分けてご紹介します。

POINT1! 有料職業紹介事業の許可を受けているか?

有料職業紹介事業とは、人材を会社に斡旋し、成功した際の報酬(手数料)を受け取る紹介会社のことです。この事業の称号を得るためには「厚生労働省の許可」が必要です。紹介会社を選ぶ際には、この許可が非常に重要なポイントとなります。なぜかというと、民間の外国人紹介会社の中には不法に仲介を行っている会社もあるからです。

今の世の中、法令遵守をしているかどうかは重要なポイント。法律を守っている優良な企業であれば、公式ウェブサイトなどで必ず「職業紹介許可番号」を表記しています。どれだけ良いふれこみや料金体系であっても、有料職業紹介事業の許可がないと信頼はできません。

POINT2! 手続きをすべて任せられるか?

企業側は、外国人(留学生を含む)を簡単に働かせることはできません。特定の許可やビザがないと、日本では働けないのです。特に就労ビザの申請は難しいものとされています。長年外国人を雇っているならまだしも、はじめて外国人を採用しようと思った場合、必ずつまづくといっても過言ではありません。

また、外国人も日本人と同じく、労働契約を交わす必要があります。ということは、保険の加入や有給休暇などの説明もしなければなりません。日本語がままならない外国人に説明するのは非常に難しく、相手が理解していないと「聞いていたのと違う」とトラブルに発展する恐れもあります。

よって、就労ビザなどの専門的な手続きからハローワークへの届け、さらに労働契約の説明まで……面倒な手続きをすべて受け持ってくれる紹介会社を選ぶのがベストでしょう。手続き関連がスムーズになることで、日本人を採用するのと変わらない感覚で外国人を雇用できるようになるはずです。

手続き関連は、非常に大切なポイントなので、紹介会社の公式ウェブサイトはもちろん、必要であれば電話で直接聞いてみるのも良いでしょう。

POINT3! 優秀な人材を確保できるか?

ここからは、日本語レベルが高い外国人=優秀とさせていただきます。外国人を採用する際に一番気になるのが「言葉の壁」です。日本語がままならないと、ちゃんと従業員とコミュニケーションが取れるのか、お客さんに対してしっかりとした接客ができるのかを不安に感じるでしょう。

優秀な外国人を見極める目安となるのが、日本語能力検定のレベルの確認です。日本語能力検定のレベルは、「N1」~「N5」となっています。その中でもビジネスレベルで日本語が話せるのは「N1」・「N2」。このレベルに達していればコミュニケーションが難なくとれるので、安心して採用して良いでしょう。

こうした優秀な人材を中心に提案してくれる紹介会社であれば言うことはありません。きっと戦力として大きく貢献してくれる外国人に出会えるはずです。

3つのポイントをチェックしよう!

優良な外国人紹介会社は、継続的に留学生の就職相談を行っています。そのため、常に優秀な人材が揃っているのが特徴です。一度、良い紹介会社を見つけてしまえば、永続的に優秀な外国人を紹介してもらえるので、まずはこの一歩が大切です。ぜひ、ご紹介した3つのポイントを参考にして会社選びをしてみてください。

外国人の採用について相談する

Page Top