外国人を採用する前に知ってほしいこと

少子化や労働人口減少などの影響から、日本人を雇えず頭を抱える企業が増えています。人材確保についての数ある対策の中でも若い外国人の雇用を推進することは非常に有力と言えます。

しかし、どんな企業でも「うまくやっていけるか」という不安があるでしょう。入社後の教育や研修についても日本人と同じ内容というわけにはいきませんから、事前の準備も欠かせません。

準備の例で言うと研修マニュアルの作成があります。特にはじめて外国人を雇用する企業は、雇用した外国人の母国語で書き直した研修マニュアルを作成しておくとスムーズに研修が行えるでしょう。

また、日本で働く外国人の日本語レベルは様々です。日本語は話せても読み書きができない方や、日本語自体がままならない方もいます。外国人を雇用する以上、歩み寄る姿勢や心構えは欠かせません。

日本人以上に丁寧な研修が必要なことや、十分な準備期間を設ける必要があることを、しっかり理解した上で採用を進めましょう。

そもそも文化が違うことをお忘れなく!

無事に外国人を採用したとしても、そこでホッとしてはいけません。外国人は他国から来ているわけですから、必然的に文化が違い、仕事に対する取り組み方も日本人とは違ってきます。しかし、丁寧に研修をすれば必ず理解してもらえるので、日本の常識や自社ならではのルールなど、根気よく研修を重ねましょう。

ここで気を付けたいのが、外国人の指導は、業務内容の研修だけには留まらないということです。例えば、「燃えるゴミ」と「燃えないゴミ」の分別に関しても、その概念を知らなければ迷ってしまう外国人もいるはずです。その他にも、勤務中に携帯電話を使用してはいけないこと、立ち入り禁止区域など、戸惑うことは多いでしょう。

外国人の研修フローを整えることも重要ですが、日本語での注意書きを母国語で直したものを用意するなど、職場で過ごすのに不自由がないように配慮することも大切です。

世界基準のコミュニケーションを学びましょう

外国人とのコミュニケーションのなかで注意したいことは、はっきり言葉にして伝えるということです。「言われる前に動く」という考えは日本人独自のもので、外国人には伝わりません。

また、仕事の業績や家族のことを誰かに褒められたとき「そんなことないよ」と謙虚な受け答えをするのは、日本人同士の会話であれば日常的なものですが、これが外国人との会話であった場合、外国人はその心理が理解できずに混乱してしまいます。

コミュニケーションについては、研修で説明しても外国人が理解することは難しいでしょう。ですから、雇用主側が歩み寄り、今活躍している日本人スタッフに向けて外国人とのコミュニケーションについての研修を設けるなど、工夫すると良いかもしれません。

外国人を採用するなら一度プロにご相談を!

外国人の採用は、日本人を採用するのと勝手が違います。はじめて外国人を採用する企業は、採用フローや採用後の研修だけでなく、コンプライアンス面にも敏感にならなければならないので、負担に感じることもあるでしょう。

そうした悩みは、ぜひプロに相談してみることをお勧めします。例えば外国人に特化した紹介会社に相談すれば手続きの一切を引き受けてくれます。

また雇用する外国人の就労ビザの取得や切り替えなど専門的なノウハウも豊富なので、自社ですべてをまかなうことに比べて、よりスピーディに優秀な外国人を戦力にすることができるはずです。

外国人の採用について相談する

Page Top