外国人の採用をプロに任せるメリットとは?

生まれた場所や育ってきた環境が違う外国人。彼らを採用しても一緒に仕事をしていけるのか、不安になるのは当然のことでしょう。実際に、ある企業が外国人を採用しようと動き出した際、多くの従業員が、「外国人の方と一緒に働くことが想像できない」「受け入れ態勢を整えるのが大変なんじゃないか」「言葉が通じにくい外国人の方に仕事を教えられるのか」といった不安の声をあげたそうです。

しかし、そうした不安のほとんどは、外国人の人材派遣・紹介を行う企業に任せることで、解決できることがあります。なぜならば外国人人材の採用を得意としている企業は、外国人の雇用に関しての知識が深いことはもちろん、外国人スタッフの採用から業務をスタートさせるまでの、多くの成功事例を積み重ねてきています。

どの企業にも外国人の採用が最善であると一概には言いきれませんが、もし迷われているのであれば、将来の人員計画の可能性を広げるつもりで、一度プロに相談してみることをお勧めします。

外国人を採用した後のトラブルは意外と少ない?

人員不足を理由に、外国人の採用を検討している企業の懸念材料は「言葉の壁」です。この不安がどうしてもぬぐいきれず、採用に踏み切れない企業も少なくはありません。

その一方で、外国人の人材紹介を得意とする企業の多くは、クライアントの不安を解消すべく、あらゆる施策を打っています。例えば(株)ウィルオブ・ファクトリーでは、日本語と母国語の両方を話せるバイリンガル人材の紹介を行っているのが特徴です。

バイリンガル人材は、雇用される企業からの日本語での指示をビジネスレベルで理解できるのが一番のメリットです。それに加えて、もし後々に外国人のスタッフを増員する際にも大活躍します。事前に数名のバイリンガル人材が働いていれば、母国語での教育が可能となるので、日本語があまり話せない外国人を採用することになっても、作業手順や安全面、品質面、文化の違いなどを隅々まで伝えることができます。

実際に、(株)ウィルオブ・ファクトリーを通じて外国人の採用を行った企業からは、「導入前に想定していたトラブルがほとんど起きなかった」、「外国人の真面目さ、能力の高さに驚いた」など導入前のイメージを一新するようなコメントがあるほどです。

こうしたサービスを利用することで、導入前の不安は大きく軽減されるのではないでしょうか?

人材不足を解消するために新たな視点を!

あらゆる業界で人材不足が叫ばれていますが、特に製造業界においては、常に一定数の商品を生産できる体制が必要なので、将来の人材不足の課題は大きいはずです。もしかしたら、もうすでに「思い通りに採用できなくなっている」と感じている企業も多いのではないでしょうか。

この状況に反比例するように、日本は少子高齢化で労働人口が少なくなる一方です。この先、日本人採用にこだわり続けたとしても、「いつまで必要な人材を確保できるか」という不安はきっと消えることはないでしょう。

そうした状況を打破しようと、多くの企業が外国人採用に踏み切り、優秀な人材を確保することに成功しています。企業が成長し続けるためには、これまでの常識を覆すような、思い切った判断が必要になることもあるはずです。今すぐの導入ではなくとも、外国人の人材紹介をしているプロに相談することで、新しい視点から採用計画を立てるきっかけをつくれるかもしれません。

近い将来に必ず必要となる外国人の力

外国人とのコミュニケーションは、バイリンガル人材を確保することで解消されること。さらに、製造業界においては、これから採用難になる可能性が高く、日本人だけでなく外国人採用に間口を広げる視点が必要になる……ということを紹介しました。しかしながら外国人を採用するにはリスクもあるので、外国人人材を紹介しているプロに相談することをお勧めします。プロと協力することで、より簡単にレベルの高い外国人を採用でき、5年後、10年後を見据えた人員体制を構築していけるでしょう

Page Top